2013年

10月

18日

瀬谷区災ボラマップを作りました

瀬谷区災ボラマップ
瀬谷区災ボラマップ

Googleマップの標準機能Maps Engine Liteを使って災害ボランティアネットワーク目線の地図「瀬谷区災ボラマップ」を作成しました。Maps Engine Liteは3レイヤー、各レイヤー100ヶ所を登録できます。そこで、第1レイヤーで瀬谷区の地域防災拠点15、帰宅困難者避難場所3、特別支援学校5、ケアプラザ5、広域避難所2、災害ボランティアセンター予定場所1、計31ヶ所を登録。第2レイヤーで公衆トイレ20、スーパー15、コンビニ39、計74ヶ所を登録。第3レイヤーは瀬谷区境を登録しました。レイヤー表示はON/OFF出来るので、第1、第2、第3レイヤーを個別に見ることも出来ます。スーパー、コンビニ位置はMapionで調べました。防災拠点、帰宅困難者避難場所、他のデータは横浜市や神奈川県が公開しています。Maps Engine Liteを使うと割合簡単に災害ボランティア活動に役立つ地図を作れます。作り方は、1月18日(土)横浜市沢渡公園で開催される防災ギャザリングで紹介します。
https://mapsengine.google.com/map/edit?mid=zhChCOUGq75A.kbiWLQ0KjXYk