瀬谷区災害ボランティアネットワークとは?(一部、音声読み上げ付き)

 瀬谷区災害ボランティアネットワーク(災ボラネット)とは?

印刷する時は ココ をクリックして下さい、また音声読み上げは右の矢印をクリックして下さい。



瀬谷区が重大な災害(地震等)に見舞われたとき、区の内外から救援のためのボランティアが駆けつけることが予想されます。このボランティアの力を-|一分に発揮してもらうための組織です。

 

 [災ボラネットは何をするの?]

(1)重大な災害が発生し、瀬谷区に「災害対策本部」が設置されたとき「せやまるふれあい館」の中に「災害ボランティアセンター」が設けられます。

(2)災害ボランティアセンターのスタッフは、災ボラネットのメンバー、区役所のボランティア班、瀬谷区社会福祉協議会などで構成されますが、災ボラネットが中核になります。

(3)災害ボランティアセンターは

① ボランティアの受入れ、登録

② 被災者からのニーズ(ボランティア派遣要請)の受付

③ 被災者のニーズとボランティアの適性の見極め

④ ボランティアの派遣

⑤ ボランティアの作業結果の把握

などを行います。

 

 [災害ボランティアセンターと自治会の防災組織はどうちがう?]

(1)自治会の防災組織は災害発生直後から活動を開始しますが、災害ボランティアセンターが設置されるのは発災後3日目頃になると予想されます。

(2)ボランティアは被災者の要請にこたえて派遣されます。ボランティアは被災者の指示にしたがって活動します。

 

[災害ボランティアセンターと防災拠点の連絡はどうするの?]

災害対策本部、災害ボランティアセンター、防災拠点は防災無線で結ばれます。電話が 通じなくても防災無線は使えます。

 

[災ボラネットは普段は何をしているの?]

 災ボラネットのメンバーは災害発生時に備えて

 ① ボランティアの受入れ、被災者のニーズの把握と評価、ボランティアの派遣(わかりやすい地図の準備など)の仕組みづくりと訓練を行っています。

 ② 災ボラネットのメンバーも被災者になり、ボランティアセンターに駆けつけられないことも考えられるので、メンバーの数を増やすための研修やPRを行っています。

 ③ 他の都府県の活動状況や過去の災害事例等についての情報を収集し、勉強しています。

 ④ 区役所のボランティア班や社会福祉協議会との連携を強めるため、定期的に会合を持ち情報交換や当面している課題について検討しています。

 ⑤ 少しでも災害による被害を減らし、ボランティアセンターに駆けつけるために、防災に関する知識や技能の習得に努めています。

 

[私も災ボラネットに加入できますか?]

 個人でも団体でも加入できます。年齢・性別を問いません。

 

ご希望の方は瀬谷区社会福祉協議会までご連絡ください。

 TEL 045-361-2117 FAX 045-361-2328

 

 

瀬谷区災害ボランティアネットワーク・パンフレット(印刷は ココ をクリックして下さい)

 

瀬谷区災害ボランティアネットワーク規約

(印刷する時および全ページ表示は ココ をクリックする。また音声読み上げする時は右の矢印をクリックする。)



 瀬谷区災害ボランティアネットワーク規約

 

 

平成19年9月27日制定   

平成20年5月28日一部改正

平成21年5月20日一部改正

平成23年6月 6日一部改正

平成26年5月19日一部改正

平成28年5月16日一部改正

 

(名称)

第1条 この会は、「瀬谷区災害ボランティアネットワーク」(以下、「本会」という)(通称:「災ボラネット」)という。

 

(設置目的・理念)

第2条 本会は、瀬谷区が甚大な災害を被った時に、他地域から駆けつけたボランティアを、援助を要請されている場所へ派遣するための調整を主たる目的とする。

 

2 前項の調整を円滑に実施するため、平常時における地域の団体・行政・施設・企業・区民などとの関係作りを推進する。

 

3 これらの活動実施に当たっては、各組織の立場を理解し、主体性を尊重しつつ、連携・協力関係を構築するよう努めることとする。

 

(想定する災害など)

第3条 被害想定は、大規模な地震に伴い瀬谷区が甚大な被害を被った場合とする。

 

2 災害ボランティアを受け入れる「災害ボランティアセンター」は、瀬谷区災害対策本部の指示に従って設置する。

 

(事務局)   

第4条 本会の事務局は、社会福祉法人横浜市瀬谷区社会福祉協議会に置く。

 

(活動)

第5条 本会が実施する活動は以下のとおりである。

 

(1)他地域から応援に駆けつけたボランティアを、援助を要請されている場所へ派遣するための調整

(2)被災地のニーズに応じた効果的なコーディネートが実施できる要員の養成

(3)災害時に適切な支援を行うためのプログラム開発、研修の実施

(4)災害時に適切に役割を果たすため、平常時における行政、団体、関係機関などとのパートナーシップの構築、情報交換

(5)被災地支援活動

 

(構成)

第6条 本会は、ボランティア活動とし、本会の設置趣旨・目的に賛同する機関・団体・個人による、正会員、賛助会員、及びサポーターで構成する。

 

2 正会員は、本会の運営・活動に定期的に参加する。

 

3 賛助会員は、本会の運営・活動を資金面で応援する。賛助会員は、サポーターを兼ねることができる。

 

4 サポーターは、主に「災害ボランティアセンター」運営時の役務、資機材及び駐車場などの便宜供与を行う。

 

5 瀬谷区役所は、参与として、会の運営・活動を支援するとともに、密接な連携を図る。

 

(会議)

第7条 本会の会議、総会、役員会、運営委員会、その他必要に応じて会議を開催する。

 

(総会)

第8条 総会は、活動報告・会計報告・活動計画案・予算案、役員の選解任、規約の改正など、本会の運営・活動における重要事項を諮る。

 

2 総会は、年度毎に1回開催する。但し、必要に応じて、臨時に総会を開催することができる。

 

3 総会は、正会員総数の過半数の出席で成立する。但し、委任状をもって出席に代えることができる。

 

4 総会の議長・書記は、出席者から選出する。

 

5 総会の議決は、出席者の過半数をもって決する。可否同数のときは、議長が決する。

 

(役員会)

第9条  役員会は、役員で構成し、本会の活動方針及活動に関わる一切の事案検討実施する。

 

2  役員会は、毎月運営委員会の前に開催を基本とする。

 

(運営委員会)

第10条 運営委員会は、会員等で構成し、本会の具体的な運営・活動内容を企画立案・検討、実施する。

 

2 運営委員会は、毎月開催を基本とする。

 

(役員)

第11条 本会に、次の役員を置き、本会の運営・活動の全般にわたる取りまとめを行う。

 

(1)代表   1名

(2)副代表   若干名

(3)会計   1名

(4)理事   若干名

(5)顧問   若干名

(6)監事   2名

 

2 役員は、総会で選解任し、任期は2年とする。

 

3 代表は、本会を代表し、会務を総括する。

 

4  副代表は、代表を補佐し円滑な会務の推進を図り、代表不在の時はその任務を代行する。

 

5 会計は本会の会計事務を担当する。事務局は会計事務に協力する。

 

6 理事は、代表・副代表を補佐し、会の運営・活動を処理する。

 

7 顧問は、本会の運営等に助言する。

 

8 監事は本会の運営及び会計の監査を行い、活動の透明性を確保する。

 

(会計)

第12条 本会の経費は、会費、助成金、その他をもって充てる。

 

2 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

 

3 会計は、年度終了後に会計報告書を作成し、監事の審査を受け、総会に報告しなければならない。  

 

(会費)

第13条 会費は、個人会員年額1,000円、団体会員年額1口2,000円(1口以上、任意口)とする。但し、途中入会員にも適用する。

 

2 会費は正会員、賛助会員に適用する。

 

 

瀬谷区災害ボランティアネットワークハンドブック(印刷、全頁表示は ココ をクリックして下さい)

瀬谷区災害ボランティアネットワークハンドブックk
瀬谷区災害ボランティアネットワークハンドブックk

 

瀬谷区災害ボランティアネットワーク活動の協力に関する協定

(印刷、全頁表示は ココ をクリックして下さい。また音声読み上げは右の矢印をクリックして下さい。)



瀬谷区災害ボランティアネットワーク活動の協力に関する協定


 横浜市瀬谷区役所(以下「甲という。)、横浜市瀬谷区社会福祉協議会(以下『乙」という。)および瀬谷区災害ボランティアネットワーク(以下『丙』という。)は、災害時に設置される瀬谷区災害ボランティアセンター(以下「区センター」という。)の設置・運営に関して、次のとおり協定を締結する。


(趣旨)

第1条 この協定は、災害時に区内外から集まるボランティアが、被災者にとって効果的な支援活動ができるよう、瀬谷区防災計画に基づき区センターの設置・運営に関して必要な事項を定めるものとする。


(区センターの設置要請)

第2条 甲は、区災害対策本部を設置しボランティアの受入れが必要と判断した場合、区センターの設置・運営を乙に要請するものとする。


(区センターの設置・運営)

第3条 乙は、前条の要請を受けたときは区センターに参集し、区センターの設置・運営の業務を行うものとする。


 2  乙は、区センターの設置・運営を行うため、丙に協力を依頼するものとする。


 3  丙は、前項の依頼を受けたときは区センターに参集し、乙と協力して区センターの設置・運営を行うものとする。


(区センターの設置・運営への支援)

第4条 甲は、乙及び丙が前条の活動を円滑に行うため、以下のことをするものとする。


(1)区センターの設置場所を乙に提供すること。 

(2)被災に関する情報等を提供すること。

 

(設置場所)

第5条 区センターの設置場所は、瀬谷区福祉保健活動拠点(せやまる・ふれあい館内)とする。ただし、当該施設がり災し、使用することが困難な場合は、甲がこれに代わる場所を確保し、提供するものとする。


(運営に必要な経費)

第6条 区センターの運営に要する経費は、原則として甲が負担するものとする。


(資機材等の確保) 

第7条 甲と乙は、災害時におけるボランティア活動等に必要な資機材等を相互に協力して確保するものとする。


(保険)

第8条 乙は、災害発生後、ボランティアに対して原則として全国社会福祉協議会のボランティア活動保険等への加入を勧め、災害救援活動中に発生した事故については、当該 保険等で対応することとする。 

 

(区センターの活動内容)

第9条 乙は、区内外から集まるボランティアが被災者にとって効果的な支援活動ができるよう次に定める活動を実施する。


 (1) 被災者等の支援要請の受理、把握、内容の掲示
 (2)ボランティア希望者の把握、審査、認証の発行
 (3)派遣者の決定、派遣結果の把握、活動記録の作成
 (4) そのた、こう及び 乙で協議し必要と判断されること。


(区センターの廃止)
第10条 区センターの廃止は、甲が決定する。


(協定の効力)

第11条 この協定の有効期間は、締結の日から1年間とする。ただし、終了日の30日前までに三者のいずれからも協定を延長しない旨の申し出がない場合には、この協定は、終了日の翌日から1年間更新されたものとみなし、以降の期間についてもまた同様とする。


(雑則)

第12条 この協定に定めるもののほか、この協定の実施に関して必要な事項は、その都度、三者が誠意をもって協議し、決定するものとする。


この協定の締結を証するため、本書を3通作成し、三者の記名押印の上、各自1通を保有するものとする。


平成25年3月14日


甲 横浜市瀬谷区二ツ橋町190番地

 横浜市 

 瀬谷区長 薬師寺 えり子

 

乙 横浜市瀬谷区社会福祉協議会

 会長 相原 信行 

 

丙 横浜市瀬谷区三ツ境47番地1号 

 瀬谷区災害ボランティアネットワーク 

 代表 辻川 和伸

 

瀬谷区災害ボランティアネットワーク平成28年度総会・防災講演会資料

資料印刷は ココ をクリックして下さい。

平成28年度 瀬谷区災害ボランティアネットワーク

総会・防災講演会  次第

 

 

日  時:平成28年5月16日(月)15:30~17:30

場  所:せやまる・ふれあい館 2階 多目的研修室

 

1.挨拶  瀬谷区災害ボランティアネットワーク代表  宗村 隆寛

 

2.来賓挨拶

   瀬谷区副区長             小澤 明夫 氏

 

瀬谷区社会福祉協議会 事務局長     柴﨑 浩志 氏

 

3.総会   15:45~16:20

    議事

(1)議長・書記選出 

 

(2)総会の成立確認 

 

(3)議案審議 

      ①平成27年度活動報告             資料1

      ②平成27年度収支決算報告           資料2

      ②平成27年度監査報告             資料2

      ③平成28年度活動計画(案)          資料3

④平成28年度予算(案)            資料4

⑤平成28年度規約改定             資料5

 

(4) 議長退任 

 

 

4.防災講演会  16:25~17:25

「熊本地震被災地視察報告」

講師:横浜災害ボランティアネットワーク会議 

代表 河西 英彦氏

講師:やまと災害ボランティアネットワーク 

代表 市原 信行氏

 

 

会員

正会員

賛助会員兼サポーター


代表 宗村隆寛
副代表 辻川和伸
副代表 篠 康房
副代表 小川 滋
会計 由月照也
理事 村島光子
理事 芝田敏之
顧問 瀬川行弘
顧問 木村脩治
監事 佐久間 豊
監事(外部) 伊藤功
会員 秋田美也子
  阿部真澄
  有賀正一
  石角千賀子
  岡本光子
  柿澤康治
  掛川壽雄
  笹本 守
  下村毅
  長濱吉明
  中山昭夫
  望月照司
  山下健太郎
  横田カツ子
25

Loading