2019年

5月

16日

瀬谷区災ボラネット総会のご案内

瀬谷区災ボラネットは、2019年度総会を以下開催します。
日時:5月25日(土)14時-15時
場所:せやまる・ふれあい館2階多目的研修室
議題:平成30年度活動報告、収支決算報告、2019年度活動計画案、予算案、役員案
総会には、森秀毅瀬谷区区長、福田愛一郎瀬谷区社協会長、横浜災ボラネットワーク会議代表/KSVN理事長河西英彦氏、やまと災ボラネット代表市原信行氏にもご参加いただきます。
総会の後、15時ー17時に瀬谷区生活支援センター杉浦幹氏のご指導の元、防災講座「EVAG避難行動訓練ゲーム・豪雨災害編&障害理解」を実施します。

2019年

5月

13日

防災ギャザリングのスライドショー

5月11日の防災ギャザリング2019のDITS投稿71件を元にスライドショーを作成しました。DITSはイベントのスライドショー作成ツールとして便利に使うことができます。
YouTube「防災ギャザリング2019」6分55秒
https://youtu.be/n9o1FcwDMjw

2019年

5月

12日

防災ギャザリングでDITS投稿

5月11日(土)横浜市民防災センターおよび沢渡公園で防災減災活動体験フェア「防災ギャザリング2019」が開催されました。その時のDITS投稿71件をArcGIS Onlineのストーリーマップにしました。
https://arcg.is/1fujuO

防災ギャザリングは、神奈川県の災害ボランティアネットワーク関係者にとって最大の行事です。今年は一般入場者が500人を越えたそうです(まだ少ないですが)。
瀬谷区災ボラネットは2011年から防災ギャザリングを見学していましたが、2014年に旭区災ボラのYさんからお誘いいただき、旭区、港北区、大和市と瀬谷区の4つの災ボラ団体で初めて共同参加しました。その後は、かながわ災害情報連絡会の団体会員として参加しています。
防災ギャザリングの中で、一環して提案してきたのは、災害ボランティア活動におけるICT技術の活用です。具体的には、Facebookページの活用、DITS、電子地図の活用、ニーズ処理やボランティア募集におけるICT技術の活用です。
ここ数年の大災害の中で、災害ボランティアセンターでのFacebookページの有効性はかなり認識が深まり、昨年の西日本豪雨災害では多くの災害ボランティアセンターではFacebookページで情報発信しました。
DITSや電子地図、ニーズ処理やボランティア受付処理のICT化も始まってきました。試行錯誤しながら、少しずつでもICT活用を実用的なものにしていきたいと考えています。

2019年

5月

10日

明日5月11日、防災ギャザリング2019です

明日11日(土)9:30-13:30、横浜市民防災センターおよび沢渡公園で防災減災活動体験フェア「防災ギャザリング2019」が開催されます。
瀬谷区災ボラネットは、かながわ災害情報連絡会団体会員として、情報発信ブースでDITS(災害情報ツイッター発信)と電子地図を紹介します。どうぞ気軽にブースにお立ち寄り下さい。

2019年

5月

09日

神奈川県の防災情報ポータルサイト

かながわ災害情報連絡会作成の「神奈川県の防災情報ポータルサイト」の以下データが更新されました。前回更新は2018年7月なので10ヶ月振りです。
https://ictkanagawa.com/bosai-info-portal/
・災害ボランティアネットワーク、災ボラ電子地図
・自治体ホームページ、地域防災計画
・全国の常設災害ボランティアセンター
・土砂災害、浸水(内水、洪水)、津波ハザードマップ
・避難所・地域防災拠点、帰宅困難者一時滞在施設、津波避難施設
・オープンデータ、電子地図、PDF防災マップ